LIFE

他人と比較して落ち込んでしまう。【その対策方法】

-スポンサードリンク-

亮です。

最近色々な相談を貰うのですが中でも多いのは 他人と比較されて落ち込んでしまうという話を よく聞くようになりました。

たとえば、こんなの。

他人と比較して落ち込まない方法

単刀直入に言うと、このように思う時は、だいたい うまくいかない事が続く時だと思います。
人間なら誰しもある事だと思います。

誰かの情報発信を見ると、ついつい自分と比較してしまう…これは 僕でもよくあります。

と言うか絶対にあります。

自分が一生懸命仕事している時に 僕が大好きな国や旅行先で遊んでいる情報を見ると、「俺は仕事しているのに…」とか、ついつい見ちゃいますよね。

給料30万円なのに、なんでこの人、自分よりも年下なのに、こんなに稼いでいるの?とか…。

そういう事って普通にあります。

その時、どのぐらい腹が立つとか、面白くないと思うか 落ち込むか…これは、個人差もあるでしょう。

芸能人や金持ちを見て嫉妬する人なんて すごく多いです。

比較しない方法

現実的に比較しない方法は、情報を遮断する事です。

比較して苦しくなる人は、見なければ良いです。

何かを見て比較をして苦しいなら見なければ比較しなくなります。

というか比較する情報が無ければ比較しようがないです。

でも比較する情報があれば ついつい比較してしまいます。

友だちの給料を聞いたら、ついつい自分の収入と比べてしまいませんか?

そんな話です。

ただ 殆どの人が この時に間違えています。

それが何かと言うと

自分の強みに気付いてない

人の良いところばかりに気が取られます。

相手の優れているところばかりが見えてしまうという事は、自分が無いものを持っているからです。

ただ純粋に追いかけるよりは、「違う手段で手に入れる事」を 僕は考えますね。

そもそも環境も知識も違うので そこを0から追いかけても勝ち目がないからです(笑)

彼の年収は2000万円 職業は弁護士…。

これを聞いて今から弁護士になるんですか?

という問題です。

弁護士にならずに自分の特性を活かしてそれ以上稼いだら良いんじゃない?という事です。

○○を持っている。
○○が多い。
○○が優れている

と言った事の多くは、複数の手段で手に入れる事が可能な事ばかりだと思います。

全て真似をして比較をした人を追いかけるよりは、自分の強みを活かして手にいれちゃえばよくね?

という話だったりします。(僕はもともとそんな考え方です)

例えるとお金

ここでお金という面で考えると分かり易いですね。

まー生活にしろ人間関係にしても お金が根本になってる事が殆どですが。

ただお金の例で例えるなら、稼ぎ方を変えるということです。

確かに僕も色々な人を見て 色々な稼ぎ方や仕事を見て、自分と比較する事が結構あります。

ただ、「羨ましいなー」と思う事の殆どは、お金で解決できる問題が殆どです。

物欲や時間、そして人間関係も、結構お金の有り無しでも変わってくるものです。

自分の特性を活かす

もともと僕は、でぶしょうです。

意外と外出は嫌いで、仕事も全てスマホだけで完結したいタイプです。

だから打ち合わせも嫌いだし外に出て飲みに出る事も殆どありません。

そもそも余計な人付き合いも殆どしないです。

外で人と会って打ち合わせなんかもしませんね(笑)

だから逆にネットビジネスが向いてるのかもしれません(笑)

一般的には、まだまだパソコンで飯を食うとかネットで飯を食うっていうのも 今一つ浸透してないけど 僕はずっとネットだけで飯をくってきてます。

とくに学歴があるわけでもなく職歴が多いわけでもないです。

社会に出て会社勤めして誰かと競うと絶対ヤバいと思います(笑)

いわゆる社会不適合者かもしらんですねw

結論…一定割合の比較は大事

でも今、こうやって生活できているのは、冷静に見ると 自分が楽しいと思う事をやり続けているだけです。

嫌いな事はしない。

好きな事だけやる。

ネットの進化はめちゃくちゃ加速しています。

もはや情報量が宇宙のように広がっていて時間の奪い合いです。

LINEのオプチャやツイッターなど…あちこち見てると、それだけで1日を消費してしまいます。

僕もそうやって無駄な時間を過ごして反省する事もあるのですが そのほとんどはメリットもない情報ばかりです。

そういった情報を時間を消耗しながら見続けて 精神病んでも何も良い事がありません(笑)

結論から言うと、自分が不愉快になる情報は見ない。聞かない。勝手に比較しない。

これに尽きます。

情報を見るより自分が行動して自分の良い所をもっと知る事の方が大事ですね。

だから時々、テンションが上がるような情報だけ見ておけばOKです。

ただ、人が成長する上では、大なり小なり比較して刺激が無いと向上心が沸かないので 僕は一定量必要だと思っていますけど、ほどほどが一番。

ぜんぜん違う所に気ばかり取られてしまいますからね^^

というわけで本日はこの辺で。

 

-スポンサードリンク-
ABOUT ME
亮(RYOU)
亮(RYOU)
管理人の亮です。 新しいレンタルサーバーで新しいブログを立ち上げました。