亮です^^

2泊3日ほど出かけていました。

今回は、話の種にあの舛添都知事が、会議費として使ったホテルと、富士山周辺のホテルの貴賓室に足を運んできました。

まずは1泊目ですが金運神社のついでにこちらのホテルに立ち寄りました。

よく行くホテルなのですが改装して綺麗になってました。

部屋の入り口

 

 

 

ウェルカムフルーツ

部屋には、富士山が眺められる温泉と、サウナと内風呂もあります。
この辺は、ほぼ一緒ですが、部分的に壁や床などが貼り替えられたりしていました。

 

 

 

 

 

少し ソファーが強引だけど、富士山を眺められるようにしているようです。

こちらがダイニング リビングみたいなもので
ここで料理長が来て料理してくれます。

元々は、洋室のリビングだったんですね。

 

ここもカーテンをあげると富士山が見えるようになってます。

image74

ベットルームは一部屋だったのが1つ和室が洋室になり

2部屋になってました。

なかなか、貴賓室でも、ここまで広くて快適な部屋は、無いかな…と思いますね^^;

翌日は、金運神社行ってきました。

これは毎年恒例です。

 

富士山2合目にある奥宮も開通していたので寄ってきました。

 

まあ、ここまでが良い事は、言うまでも無いのですが

問題は2日目。

2泊目は、 そのまま木更津へ移動。

向かったのは、世論調査で、

「辞任希望77%」がでたと話題の舛添都知事が税金で会議費として落としていたホテル。

どんなホテルだろうか?と気になって行ってみたわけですよ。

舛添都知事が税金で宿泊した三日月というホテルスパ

舛添都知事の話題でホテル名がでて

千原ジュニアも大絶賛?とか話題になっているとかでちらっとページを見てついつい、予約を取ったんですね^^;

ただ、舛添都知事が 特別室に泊まって…と話題になってるんですが、ある意味、特別室と言っても良く分かりましたが

一般のホテルや旅館と比較すると、 かなりレベルは、低いと思います。

ちなみに僕が宿泊したのは、こちら。

引用元 http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/fujimitei/index.html

三日月富士見亭

でも5月からオープンした所なので

この横にある龍宮亭の特別室?なのかなと思いますが、富士見亭より安くて狭くて小さいらしいのでかなり窮屈だったのでは?と想像できますがいずれにせよ、会議に使うような場所じゃないですね(笑

ちなみに僕が泊まったところも写真で見るよりも「おいおい…」というレベルで唖然としましたね。

ちなみに新しくできた富士見亭は、

確かに眺めは綺麗。

ベランダは広いけど、裸足で行くと、足の裏が真っ黒になります。

すごくなぜ足が黒くなるのか疑問で仕方ありませんでした。

image66

半露天という風呂は、ミニサイズ。

イメージより小さく感じました。

部屋に行ってもお湯は張ってませんでした…。

image61

とりあえず部屋はHP通りの間取りの部屋だから

”イメージの違い”だから

仕方ないとしても問題は夕食の料理。

「なんでなん?」という事が連発してとうとうキレましたw

スマホを忘れたので写真を撮れませんでしたが、鍋に火を付ける前の焼き物、ご飯、肉がそのまんま ギッシリ並べられていて、「一体どうすんの?」みたいなレベルです。

前菜…を持ってきてその後、「何も言わないとずっとコンロに火をつけにこないのでは?」という感じで、そのまま様子を見てましたが
食べてる様子も見てる雰囲気でも無いし完全に放置プレイ。

おまけに「大人に準じた料理」の子供の料理なんか前菜が無いので「何食うねん」って感じです。

そしてお子様ランチは冷えまくっています(笑

普通じゃない。普通じゃない。

で、文句言って初めて火をつけにきたんですが料理の説明も何もなく、何をどれでに漬けて食べるのかも説明無し。

「置いとけば勝手に食うだろ」って感じですね。

近くには一組だけ 他の子連れのお客さんが居て様子を見ていましたが文句を言わないものの なんとなーく態度に現れてましたね。

で、コンロに火を付け鮑もできあがったかな…と思っても今度は、取り皿も無い。

 

「ある意味 究極です。」

コンロの上でフォークとナイフで切るの?と疑問で、「どないやって食べるのこれ?」とツッコミを入れると、

「ナイフとフォークでカットしてください」だと…クズでゲス過ぎる回答を頂いたので…

「こいつアホだ…」と思って

「話できる奴呼んで来い」と言うと中から上司ぽいのが出てきて、この男性にも、同じ質問。

「どうやって食うんだよ」って言うと、同じ回答だったけど、出てきた男が、

「私が切らせて頂きます」とナイフとフォーク手に取って切り始めるも
切れにくい事に気付き、断念して「取り皿をお持ちします」と。

「最初から用意しとけや」って話ですよ。

他にも、「この後に何の料理が来るのか」も従業員が理解していないし料理が終わってないのに、
「後はデザートだけです」とか もう意味不明な発言が出てきたり。。。。

 

ヤバいよヤバいよ ここなんだよ?…とガチで怖くなりました。

 

天ぷら 刺身、伊勢海老と

出てきたんですが机の上は、

ごった返してるし…。

刺身も切れてなくて繋がってる所もあるし料理の説明も無い…

文句を言うと「すいません」の一点張り

そしてお前の上呼んで来いって言うと今度は、おばさんの登場。新キャラです。

 

ちょっと話の分かりそうな雰囲気だったけど

「なんでアホな奴が多いんだ?」って

ストレートに文句を言うと

マニュアル通りと言えるレベルの謝罪の連発。

 

別に文句言ったところで何も始まるわけじゃないんですが…

ココ不思議なぐらいヤバいですよ 本当に。

途中で食べるの辞めてでましたね。

むしろファミレスとかの方がまだ、サービスの質が高いです。

しばらくしたら料理長も一緒に部屋に謝りに来ましたが
「もう話なんないから支配人呼んで来い」
って言うと夜は居ないらしく、翌日のチェックアウトの時に
手土産もって謝罪してきたけど受け取らず帰りました。

これで大人は1泊4万、5万ぐらいした筈です。

あり得ないですね。

流石に金を返せとか、価格下げろとかそんな貧乏くさい事は、言いませんが
「とんでも無いところだな…」ってのが感想です。

良い勉強になりました。

まさにデンジャラスゾーンですね。

「リピーターなんて居るのかな」と疑問に感じましたがそう言えば舛添都知事って何回か来ているって話が
あったけど、ちょっと信じられませんでしたね…(苦笑

舛添都知事は、税金で贅沢をして…と書かれているけど 会議するようなホテルでも無いので私用だったと思うけど、決して贅沢…という次元ではない事がよく分かりました。

何かここのホテルは知事とかには好都合な理由でもあるのですかね?

 

ホテルの中には、ちゃんとできている人も

居るんですが、客の対応も舐めきってるようなのも居るし。

いずれにしても

社員教育が低レベルなので舛添都知事が宿泊の際にプライベート問題にもあたる

「会議していなかった」とか
「お子さんと…」などの情報が表に出たわけですが このレベルだと、ホテルからプライベートの話が出るのも頷けます。

また、本人曰く、部屋で会議がしたようですが

富士見亭でも 「人を呼んで会議」とかできる広さでも雰囲気でも無いし、時期を考慮すれば、宿泊は龍宮亭だと思うので 富士見亭より狭い。。。

だから、特別室とか言っても 凄く狭いわけですから人を呼んで会議なんて、考えられませんねw

物理上無理があると思います。

 

しかし、1日を完全にぶちこわされましたw

こんな事だったら箱根とか伊豆に走るべきでした^^;

でも良い勉強になりました。

僕は、一生涯で今後は このホテルに行く事ないですけどね(笑

天国と地獄といった感じの2日間でした…。

-スポンサードリンク-